偽装請負はなぜいけないのか?

はじめに

IT業界(特にSES界隈)で行われている(?) 偽装請負については、なぜそれがいけないのか愚考していきたいと思います。

偽装請負とは?

東京労働局のサイトに分かりやすく書かれておりますので、参考になさってくださいませ。

従業員と雇用主の関係

偽装請負について語る前に、従業員と雇用主の関係について整理します。

  • 従業員と雇用主との間で「労働契約」を締結します。この労働契約により、従業員は雇用主に労務を提供し、雇用主の命令に従う義務が発生します。正当な理由なく拒むことは出来ません。従業員の方は、今一度従業員規則を見てほしいです。
  • 一方で雇用主にも義務が発生します。賃金に関することや従業員の人権に関することです。詳しくは厚生労働省のサイト等を参考してくださいませ。

お互いにルールを守りましょう、ということです。

偽装請負の本質は?

私が問題だと思っている偽装請負の問題は以下の点です。(以下、従業員が所属する会社(SES会社) を「自社」、SES発注元事業者を「発注元」という。)

事実上、従業員に対する指揮命令者が2つある。つまり、自社と発注元の2者が従業員に対する指揮命令権を持つことになる。

従業員と労働契約を結んでいるのは自社だけです。労働契約を結んでいるからこそ、つまり労働基準法などにより自分の権利も守られるからこそ、従業員は安心して(?) 自社の命令に従うわけです。

逆にいうと、本来の指揮命令権者ではない発注元が従業員に対して指揮命令を行うということは、指揮命令権者の義務(労働基準法など) を負うことなく命令だけを行おうとする行為、すなわち 従業員を奴隷として扱う行為なのです。

奴隷的な扱いは(憲法上も) 禁止されている。だから偽装請負も禁止されているのです。(たぶん) (もちろん他にも理由はあると思う)

つまり・・・

「ルールだから守る」ではないのだ。「そのルールが作られた背景・価値観が大切だからこそ守る」のだ。

ここを理解せず「ルールだから守る」と考えてしまうと、「じゃルールを変えればいい」という、とんでもなく危険な方向に向かってしまいます。

まとめ

偽装請負を語る際は、「なぜ偽装請負がいけないのか」を考えていただけるとい幸いです。

(以上)

蛇足

当面の間は、偽装請負を行っている似非SES事業者、似非SES営業、発注元はなくならないと思われます。現場のエンジニアは、その状況下でIT業界をうまく泳いでいけないといけません。例えば、偽装請負であることを分かったうえで、奴隷のフリをしてスキルを上げるのもアリかもしれません。この辺りの話は別にしましょ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です