『ビートルズde英文法』受講レビュー

はじめに

2021年後期に『ビートルズde英文法』を履修しました。その受講レビューです。英語学習者の立場から感想を述べたいと思います。

まずは講師の方々へ感謝

講師の方と音楽担当の方は、ともに英語教育やビートルズに深い造詣があり、その思いが伝わってきました。皆さん、超一流なのは疑いありません。ビートルズに限らず、洋楽で英語を学ぶスタイルの教材は他にもあります。本講義は、それら数ある教材の中でもズバ抜けて良質なものです。講師の方、音楽担当の方に敬意を表します。魅力ある教材を作っていただいてありがとうございます。

この科目のポイント

日本人向けに書かれた英文法書で学べない英語の『リズム』が学べます。それら既存の英文法書では、関係詞や分詞など、いわゆる学校文法の解説は豊富ですが、日本語にはないリズムが学べません。リズムについて解説している文法書もありますが、枠外のコラム程度です。

今科目では、ビートルズというアーティストを通じて、そういったリズムを学べるようになっています。また、本物のアーティストの方がギターを弾いてリズムをとってくれるので、楽しく学習できます。

洋楽にチャレンジした方は受講しよう!

講師の方々もおっしゃっていましたが、日本語のリズムで英語を唄おうとすると、リズムよく歌えないことが多いです。本科目では、日本語と英語の特徴と違いを解説し、実際にギターに乗せて英語のリズムで歌うエクササイズも取り込まれています。

これから洋楽にチャレンジしたい方は、その入門としてこの教材で学ぶことをお勧めします。放送大学の名に恥じない『教養』も併せて学ぶことができます。

ここをこうしてほしい…

おこがましいのですが、こうしてほしい…と思った点を以下に上げます。1点だけ。

  • エクササイズ用に、講義とは独立した音源を用意してほしい。

8ビートのウラ伯など、音楽に疎い私には非常に難しかったです。何度やってもなかなかリズムがとれない。

そんな学生のために、何度も練習しやすいようにエクササイズ用の音源を独立させてほしかった。練習用に、苦手なエクササイズの音声箇所をメモしています。(例えば3:15~3:40 のように。)

まとめ

ボーン♪、ボ、ボン♪♪

(以上)

蛇足

エクササイズの例文「鞭を郵送して♪」の箇所で良からぬことを想像してしまった。誠に申し訳ございません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です